2014年01月29日

県防災ヘリコプターに搭乗しました

 安心・安全対策特別委員会の視察調査で、県営名古屋空港に拠点を置く愛知県防災航空隊を訪れました。
 県防災航空隊は、平成7年の阪神・淡路大震災を契機に平成8年に組織され、県内消防本部の精鋭12名が勤務されています。
 隊員は、日々災害応急活動や火災防御活動、海や山の捜索・救助、救急活動など、危険と隣り合わせの厳しい任務にあたっておられました。
 今回、各活動の主力となる防災ヘリコプター「わかしゃち」に搭乗する機会があり、上空から県の防災施設を見学するとともに、日頃の隊員の活動をほんの少しですが体験することができました。

RIMG1141.JPG

県防災ヘリコプター「わかしゃち」
愛称の由来は、「鯱」は水を呼ぶと言われ、火災を鎮圧する意味で防災を象徴し、「若」は行動力を表しており、県民公募により決められたそうです。

RIMG1145.JPG

 
 また、現在整備中の「日光川防災ステーション」を上空から見ることができました。
このステーションは、万一の災害時に迅速な復旧活動を行い二次災害の発生を防ぐ目的に、平成21年から建設が始まり、平成26年度中の完成を目指しています。

RIMG1157.JPG
 
posted by 安藤としき at 13:42| Comment(0) | 日記

2013年12月25日

西枇杷島アンダーパスが完成

 JR枇杷島駅北側の枇杷島小田井線アンダーパスが、クリスマスイブの12月24日に完成し、午前11時から開通式典が行われました。
 午後2時から一般供用が開始され、これまで鉄道で分断されていた地域の利便性の向上と、災害時、緊急時の迅速な対応が行えます。

アンダーパス開通式.jpg

 また、アンダーパスの東側入口付近に、日本で最初に施工された歩道橋のモニュメントが設置され、地元の小学生による除幕式も行われました。

モニュメント除幕.jpg

posted by 安藤としき at 10:21| Comment(0) | 日記

2013年11月13日

介護の日イベント

 平成20年に厚生労働省が介護についての理解と認識を深める目的で、11月11日(いい日、いい日の語呂合わせ)を『介護の日』と決め、特別養護老人ホーム「五条の里」で行われた介護の日イベントに参加しました。
 福祉車両の体験乗車や介護食、紙オムツの体験など、介護について改めて学ぶ機会となりました。

RIMG0852.JPG RIMG0858.JPG

 サイドリフトアップシート車を体験。シートは脱着可能で、車いすとして利用できます。

no-title no-title

 濡れた紙オムツの使用感を手で確認したり、居宅支援コーナーでは認知症状のサインについて教えていただきました。

posted by 安藤としき at 15:26| Comment(0) | 日記